シミと肝斑は違うものなのでしょうか? 正確に言えば、肝斑はシミの一種になります。 ですが、一般的にシミと呼ばれているものの原因が紫外線であるのに対して、肝斑は女性ホルモンの働きが原因と考えられている点が大きな違いです。 それに、一般的なシミには特に規則性というものはありませんが、肝斑はなぜか左右対称にできるという特徴もあります。 例えば、老人性色素斑と呼ばれるシミの場合、30代以降に現れることが多く、年齢を重ねるにつれて増えたり濃くなったりするでしょう。 でも、肝斑の場合には、30代以降の女性に現れるという点は同じですが、閉経期を迎えると改善するという傾向があります。 また、ピルの服用や妊娠によっても肝斑が出ることがあるようです。 女性ホルモンが関係していると考えられているのはこのためです。 このように、シミの原因が紫外線ではないため、その改善方法にも違いが出てきます。 とは言え、シミの素となっているのがメラニン色素であるという点では他のシミと同じですから、肝斑もシミの一種なのです。